施工プラン

 

 新築の戸建て住宅を、医院用にリフォームしました。
外観は、正面2階部分にファサードをつけ、エントランス部分など正面より見える箇所を中心に医院開業用に施工しました。内装は、歯科医院として使用する1F部分(受付、診察室、トイレ)を施工しました。
 また、以前よりご近所で開業されていましたが、移転を機にロゴなども新しくされることになり、移転案内はがきなど印刷物共デザインさせていただきました。

 

施工後

 

外構

トップ画像

 建物正面は、医院用のエントランスとなので、シンプルで洗練されたイメージで仕上げました。新規開業ではないので看板もあまり目立つものではなく、ワンポイント的に配置しました。 住宅街の落ち着いた通りの雰囲気にもよく合っています。
 ファサードは、一般家屋と違う外観を作る目的と視線を遮る役目もはたしています。 白い壁が清潔感を、部分的に使用された木がアクセントとなって優しさを感じさせます。

イメージ画像

 建物の裏側は、住居部分のエントランスとなっており、こちらはモダンな雰囲気で仕上げています。 医院を通らずに2Fから降りられるように外階段を設置しました。

 

診察室・受付

イメージ画像

 外観と同じように白を基調としたシンプル・ナチュラルなイメージです。 イメージカラーのペールブルーがアクセントに使用されています。 かぎられたスペースに多くの機器が配置されているので空間をコンパクトに使用しています。
 トイレは、年配の患者さんなどにも配慮した仕様になっています。

イメージ画像

受付(待合い)も同じ色調でコンパクトにまとめています。

 

ロゴタイプ・印刷物など

 ライトスタッフでは看板を作成する際に、新しいロゴマークをデザインさせていただきました。 歯の形をイメージした遠藤歯科のイニシャルEのマークと優しいひらがなのロゴタイプにペールブルーのイメージカラーを使用しました。
 以前から医院長先生の奥様が手描きで使用されていたかわいいイラストをもとに、「歯の妖精」のキャラクターもデザインし、案内状などに使用しています。

イメージ画像