京極邸は、スウェーデンの住宅の考えや思想を基本に、日本の生活シーンにあわせた間取りや設計を取り入れています。 窓・ドアなどスウェーデンから輸入した建築材と国産の材料や工法を使用し、効率的にコストダウンに成功しています。

 

 スウェーデンの住宅を取り入れた理由、それは性能とデザインの良さ、そして何より日常生活の快適さと安全性にあります。

 

デザイン

 

 木材にこだわり、デザインも材質もシンプルな本物志向です。 品質の良い無垢材を基本とし、必要な箇所には質の良い材料を使用した集成材を使用します。とくに床材は裸足になると、木の感触がいかされた心地いい無垢材の感触が楽しめます。
 
扉・窓などの建具は、スウェーデンから輸入した無垢材を使用しており、デザインもシンプルで美しいものです。 特に窓枠は、家の外観はもちろん室内のイメージを左右する重要なパーツです。好きな色に塗装することもでき、アルミサッシ越しとはひと味違う風景が楽しめます。
 
スウェーデンの住宅は、よく観光写真で見かけるメルヘンなカントリーハウスのイメージが強いですが、実際には、木造住宅でもシンプルでモダンなイメージのものもたくさんあります。 木の住宅は、耐久性にも優れていて、手入れすればコンクリートよりも長持ちします。長い時間を経ても飽きのこないシンプルで美しい外観の住宅をつくりました。

イメージ画像

性能

 

 一般的にスウェーデン住宅と呼ばれているものの大きな特徴の一つが優れた断熱性能です。 京極邸においても窓はすべて機密性にすぐれ結露も防げる三重サッシを使用しました。 また、床・壁・屋根の断熱性能にもこだわっています。特に壁の断熱性能は、現在の日本の最高基準である次世代省エネ基準よりも倍以上のヨーロッパ並みの基準を目指しました。

 

 また、断熱性能だけではなく換気や空気の流れにも気を配って設計しています。 同時吸排の換気扇を使用し、窓の位置も計算の上設計しました。 季節に応じて、自然換気と機械換気をハイブリッドで使用し、日当たりやひさしを含めて、家全体の空気の流れをコントロールします。そのうえ、三重サッシは遮音性能にも優れているので断熱性能に優れた夏涼しく冬暖かいエコ住宅であるだけでなく、静かな空間も実現できました。

 

 気になる耐震性に関しても柱・梁に構造用合板を貼った面構造で、柱と梁・筋交いだけの軸組み工法より、耐震性に優れています。

イメージ画像

K邸内装施工例pageへ>>>