Information

断熱リフォームをお考えの方へ!メリットと住みながらできるリフォームをご紹介!
2024.05.17

皆さんが求める快適な断熱リフォームは、家を離れることなく、日々の生活を維持しながらも実現可能です。
日常の中で少しでも快適な住環境を手に入れたいと願う実用主義者の方に、住みながらできる断熱リフォームの方法とその利点をご紹介します。
ぜひリフォームでお悩みの方は、最後までご覧ください。

 

□断熱リフォームは住みながらでも実現可能!その魅力とは?

 

断熱リフォームは、家を空ける必要がなく、手間やコストをかけずに行えるため、多くの利点があります。
ここでは、住みながら実施する断熱リフォームの主なメリットを掘り下げてみましょう。

 

1:生活環境の維持

 

一般的にリフォームと聞くと、一時的に住む場所を変えなければならないと考えがちですが、断熱リフォームならその必要はありません。
仮住まいの手配や移動に伴うストレスとコストを避け、いつもの生活リズムを保ちながらリフォームを進められます。

 

2:コストの削減

 

大掛かりな壁の解体や再建築が不要なため、工事にかかるコストを抑えることが可能です。
また、仮住まいにかかる賃貸料や二重の家賃も発生しないため、経済的にも大きなメリットがあります。

 

3:工事の進捗確認の容易さ

 

工事が家の中で進行するため、その進捗を直接目にできます。
気になる点があればすぐに会社に確認や修正を求められて、より納得のいくリフォームを行うことが可能です。

□住みながらできる断熱リフォームは?

 

日常を大きく犠牲にすることなく、効果的に断熱性を高めるための具体的なリフォーム方法を見ていきましょう。

 

1:玄関ドア・窓サッシの交換

 

玄関や窓は家の断熱性に大きく影響します。
カバー工法を用いれば、既存の枠を活かしながら新しい断熱材を追加することで、熱損失を大幅に減らせます。

 

2:内窓の設置

 

既存の窓の内側にさらに窓を追加することで、空気層が増え断熱効果が向上します。
これは特に寒冷地で効果的な方法で、簡単に施工できるため、手軽に断熱性を高めたい場合におすすめです。

 

3:断熱材の追加

 

屋根や壁、床下に断熱材を追加することで、家全体の断熱性を向上させられます。
この方法も比較的大掛かりな工事を伴わないため、住みながらのリフォームに適しています。

□まとめ

 

ここまで見てきたように、住みながらできる断熱リフォームには、生活の質を落とすことなく、効率的かつ経済的に家の快適性を向上させる方法が数多く存在します。
これらのリフォームを行うことで、冬は暖かく、夏は涼しい、エネルギー効率の高い家を実現することが可能です。

なお、当社では雨どい工事から、屋根工事、外壁工事といった建物のメンテナンスについて手掛けております。

どうしても気になる部分がある方はぜひ一度当社にご相談ください。